日本タイ学会トップページ

研究大会

 2024年度研究大会は,大阪公立大学を会場校として開催します。詳しくは会員向けメーリングリストでご案内します。

 2024年5月10日をもちまして,個別発表ならびに分科会の報告者募集を終了しました。
 6月11日現在,プログラム・報告要旨を公開しております。
 また,6月27日(木)まで,大会への参加登録をこちらのフォームから受け付けています。詳しくは,第三報および会員向けメーリングリストをご確認ください。

第一報(2023年8月28日)
第二報(2024年4月12日)
第三報(2024年6月11日)

定例研究会

 2024年1月27日(土)に第34回定例研究会を開催しました。1月20日(土)まで,出欠のご登録をお願いしておりました。
 1月4日の案内をご確認ください。

 また,第35回以降の発表者を募集しております。遠方から来る院生などの若手発表者には交通費が支給されます。
 詳しくは定例研究会をご確認ください。会員向けメーリングリストでもご案内します。

『年報 タイ研究』

 『年報 タイ研究』第24号の発行を準備しております。
 投稿申込締切が2023年11月15日,原稿投稿締切2024年1月15日となっていました。詳しくは,投稿募集の案内(2023年10月17日)をご覧ください。
 
『年報 タイ研究』は,ただいまJ-Stageへの登録作業を進めております。
 最新号の第23号および別冊がJ-Stageからダウンロード・閲覧できるようになりました。バックナンバーの収録につきましても順次作業を進めております。
 こちら『年報 タイ研究』から第20号までに掲載された論文pdfを閲覧できます。

研究史聞き取りの会

 研究史聞き取りの会について,2023年10月21日(土)の第33回定例研究会において福井捷朗先生の研究史聞き取りを実施しました。

 また,友杉孝先生(後編)の情報を更新しました。詳細については「聞き取りの会」のページをご覧ください。

最近の投稿

会員の著作(2010年以前のもののみ)

書影がわかりやすい本棚モード
文字が読みやすい一覧モード 
があります。